転勤留守宅:まとめyubisashiS[1]

  • 転勤で空いた自宅を短期で貸せる
  • 自分の使いたい時は使える

転勤で住まなくなった自宅を短期で貸せる

全国に支社があるような大きな会社で働かている方の周りには日常茶飯事。転勤、異動、単身赴任。地元で家を購入された方からすると家族全員で転勤先に引越しするとなると留守宅の管理やローンの心配などいろんなことが考えられます。不動産会社によってはリロケーションと呼ばれる転勤者の方の留守宅を管理するサービスがありますが、最近ではこれを家具付きの賃貸物件としてウィークリー、マンスリーで貸し出すケースもあります。メリットはやはり期間。家族そろっての転勤ともなると2年とはいわず3年、5年単位での転勤が予想されます。
この間、留守宅を賃貸で貸し出しするとなると基本2年契約で期間の定めのある定期借家賃貸借契約を締結しますが、2年以上の長期入居で家族そろって家具の付いているマンションに住むケースはあまりありません。(引っ越してくる家族の方も家具等持っているので)、そこで短期滞在用に留守宅をウィークリーマンスリーとして利用するケースがあります。
これだと近所の方の建て替えであったり法人の研修や新店出店のオープンヘルプ要員であったりと家具があったほうが滞在する側からして都合のいいマッチングが生まれます。システム開発の拠点ともなると1年単位での更新も見込める為転勤時にあわてて家を売るとか貸すこと以外にこういった短期滞在ニーズにあわせて貸し出すことができるというものウィークリーマンション、マンスリーマンションのメリットと言えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

転勤留守宅をウィークリーで運用すると

odekake2S家具・家電はそのままでもOK
短期で貸せる為いつでも実家に戻りやすい
マンスリーで契約出来た場合相場の通常賃貸価格より高くなる