契約期間:まとめyubisashiS[1]

  • 平均30日から40日利用する人が多い
  • 2年以上借りるなら普通に賃貸マンション借りた方が得

マンスリーマンションの契約期間

基本的に7日間以上であとは上限がない。金額面だけで比較するのであれば1年以上の滞在を予定している場合は賃貸マンションを利用した方がリーズナブルになるケースがある。家具や家電の初期費用は確かにかかるが2年以上住むのが確定しているならマンスリーマンションは選ばない方がいい。
一番多い利用日数はなんと40日台isogeS[1]出張や研修などでの利用が大半を占める事を考えると1ヵ月前後の滞在というのがホテルと賃貸マンションの間に潜んでいるニーズだといえる上限はないものの、経費的な問題で1ヵ月単位で契約を延長するようなマンスリー利用もあり、法人などでは1ヵ月更新(すなわち毎月更新)で料金を払いながら1年、2年と契約を続けているケースもある

マンスリーマンションって事前解約はできるのか

申込意思を出したあとであっても(FAXで書類を送る。メールで申込の意思を伝える)基本的に解約はできますが、キャンセル料がかかるケースがおおいです。入居前キャンセルであっても費用がかかるのを不思議に思うかもしれませんが楽天トラベルやじゃらん等の大手サイトでホテルを予約してもキャンセルポリシーといものが存在し、3日前で30%前日で80%当日キャンセルで100%等が必要となる。運営会社からすると申込意思をもらってからの期間は募集をとめてしまうのでその分の損失補てんの意図があります。マンスリーマンションの場合、ホテルと違い少し前から入居の受付を済ませる方が多くだいた2週間前には契約を終わらせるケースがおおい。そうなるとそこから入居日までの間にキャンセルすると利用期間分はもちろん、その間の募集活動をしていなかった為に取り逃したお客さんの損失を補てんする意味でもキャンセル料を請求されます。(実際の運営会社の損失はキャンセル料よりもはるかに多くなります。)
抑止力程度に設定されていますが、利用計画が変わったり、そもそも出張が無くなってしまったりするケースもあるので、マンスリーマンション契約のキャンセルポリシーは申込意思を出す前によく確認する必要があります。実際1ヵ月分の契約を申し込みすると金額が約13万円になるとします。これを直前でキャンセルすると、あったはずの13万円がなくなるばかりか、空いてしまった部屋の集客に時間がかかるため実質新しいお客んの利用を獲得できたとしても1週間以上かかるケースが多いのです。これで考えると13万円/月の契約を解除されると、そうもしてる間に発生する物件の家賃も含めて20万円近い損失がでます。単純に7万円のキャンセル料を取るというイメージではありませんが宿泊滞在施設運営側のリスクとしてもキャンセルはおおきな損失を含む要素として慎重にルールが設定されているケースがおおいです。もちろん電話オペレーターもこれ以降キャンセルした場合は費用がかかりますよ・・・などと丁寧に教えてくれるので判断を間違ってトラブルになるケースは実際は少ないです。