ウィークリーマンション備品:まとめyubisashiS[1]

  • すぐに生活できるレベル
  • 歯ブラシは置いてない!

カバンひとつで生活スタート

ウィークリーマンションの魅力のひとつに設備の多さ(備品の多さ)があります。ビジネスホテルであってもタオルやシャンプー、ドライヤー、ポット(電気ケトル)などは部屋に設置されていて一晩滞在するには不自由しません。が、ウィークリー単位で滞在となるとたとえばホテルの備品に加えて、洗濯機や炊飯器があったり生活家電も基本的なものが揃っています。一番滞在していて重宝するのは電子レンジでしょう。ホテルにもフロントなどに置いてあるケースはありますが大きめの冷蔵庫と電子レンジ、ポット(電気ケトル)があれば、食に関しての最低限のことはこなせてしまいます。また運営会社によってはウィークリーマンションにキッチンで使う備品を設置しているところもあるので簡単な料理であれば出来てしまします。しかし料理の基本ともいえる、砂糖、塩、巣、醤油、ソース、みりん、料理酒・・・などは近くのスーパーで購入しなくてはいけません。2週間に料理する回数を考えてもウィークリーマンション滞在でキッチンセットが必要になるケースは少ないかもしれませんね。こういった理由もあって短期滞在のケースでは基本調理器具は最初から部屋には設置がなく、オプションで借りる、購入する形をとっている運営会社が多いです。細かいところでいえば食器洗い洗剤があったり洗濯用の物干しや洗濯ばさみがあったりと細かい備品が短期滞在とはいえ便利です。お風呂屋トイレの潜在、スポンジを設置しているマンションもあって連泊するときに嬉しい設備が細かい事頃まで配慮している業者さんは多いです。しかし、これらはホームページに掲載されている物件の写真には見栄えの問題もあって写りこんでいないケースが多いので詳細は物件の備品表の様な箇所をチェックしましょう。

safety1

24時間管理対応

ホテルではフロントがあり基本スタッフの方が常駐されているので24時間何かあっての対応してくれるケースがほとんどです。地方のホテル等では人件費の問題でしょうか・・夜になるとスタッフがいなくなり警備会社が遠隔で何かあった際に対応するようなホテルもあります。都心部であればほぼ24時間チェックイン、チェックアウトの処理が必要となりフロントにスタッフが常駐するのが当たり前になっているケースが多いようです。ウィークリーマンションでは通常の賃貸マンションと基本同じなので24時間スタッフが常駐することはありません。大きなマンションであれば管理人さんがいるケースもありますが基本的に朝の10時~夕方の5時頃の勤務が多い為出社や北区が多い時間帯に管理人さんはいないケースがほとんどです。ウィークリーマンションではそんな状況に対応するため24H対応のコールセンターと提携しているあるいは自社で運営しているケースが多く入居中のトラブルや物件の不備等も24時間電話で対応、場合によっては緊急駆けつけするサービスを導入しているウィークリー運営業者さんが増えています。
これにより、入居されるお客様のトラブルをできるだけ軽減し快適に過ごせるように工夫されています。24時間対応といっても基本電話対応なので「すぐに来てくれ」といっても来てもらえるようなサービスではなく基本何かの確認事項は翌朝運営会社さんから再度連絡になるケースが多いようです。

safety2