入居前のキャンセル(予定が無くなるケース)とは違って滞在が始ってからの途中解約(予定が早まるケースなど)1ヵ月予約契約していたが3週間で終わってしまった場合等、契約はどうなるのでしょうか?またお金は戻ってくるのでしょうか?
長期の契約、例えば半年等で最後の1ヵ月の予定が無くなる事が分かっていて利用4ヶ月目(契約終了1ヵ月以上前)に途中解約を申請すると最後の1か月分の利用料が戻ってくるようなケースはあります。1ヵ月あれば次のお客様を募集する十分な期間とみなされ、運営会社が対応してれる場合です。しかし、短期の場合は基本的に途中解約時に利用料が戻ってくるケースはすくないです。理由としては前述したようにその間の募集活動が出来ない件、purezenS[1]入居前に前納一括ルールになっている会社が多い為です。リピーターであったり、何か特約で契約をしている場合は途中解約と返金が認められる事はありますが、基本的に戻ってくるケースは少ないです。余分に契約日数を確保すると安心する短期、長期滞在であっても返金ポリシーを確認して契約を決めるよう注意して下さい。実際には延長契約が認められるケースにおいて短めに契約期間を設定しておいて、利用が見込めるたびに延長を繰り返す契約をする利用者も増えています。こちらの意思で伸ばせるか、使わなくなった分のリスクを最初から背負うか迷うところではありますが、延長契約ですらも、利用日程の後ろの日程に空きがあれば、という条件が付くケースがほとんどなので、契約利用日の設定はマンスリーマンションを契約する上でのキモかもしれません。運営会社は毎月30日間の空室をいかにいろんな期間の滞在ニーズで埋め尽くしていくかというパズル的な仕事をしています。それが数100室、数1,000室単位で運営するので利用者の使うか使わないか分からないという実際によくある事象、ニーズに柔軟に対応したくても対応しきれないのが実情です。