ウィークリーマンション滞在期間:まとめyubisashiS[1]

  • 2年以上利用するなら逆に割高
  • 数か月単位の研修や出張によくつかわれる

マンスリーマンションの滞在期間、利用用途

長すぎると割高。マンスリーマンションの契約は1年前後が割安になる目安です。
マンスリーマンションの利用期間すなわち滞在期間は30日以上(1ヵ月以上)。ウィークリー同様に40日とか70日のように30日以上であれば基本的に自由に期間は指定できます。月単位で借りる(長期利用)になるため短期の利用よりも1日あたりの料金が安くなるのが基本。1日300円以上も安くなるケールがほとんどなので滞在予定が読めているのであれば長期間で予約するのがお得です。どんな時に1ヵ月以上滞在するかというと、やはりビジネスが多いです。東京、大阪のような都心部のマンスリーマンションの利用用途は出張や研修、新店舗開店のオープン準備応援要員など。

monthlystay

毎年春になると4月からの新入社員さん達が本社で研修する為に1ヵ月以上マンスリーマンションを利用するケースが多く、2月後半からは法人の人事、総務担当者の方は同じエリアでたくさんの部屋を予約する業務に追われます。実際に何全室とあるマンスリーマンションでも不動産の部屋探し同様に3月4月がトップシーズンになるため価格も割高になりますし、競争率も激しくなります。同様に秋になると9月の異動や研修等でも利用が多くなります。京都のように観光名所が多いところを除いてはプライベートで1ヵ月マンションを使うケースが想像しにくいかもしれませんが、定年退職後の方が1ヵ月以上じっくり関西をまわったり、外国人観光者の方が大阪を拠点に奈良や京都、神戸を観光するなどで1ヵ月以上マンスリーマンションに滞在するような利用用途も増えています。それ以外にも大きな大学に一人暮らしで通う場合キャンパスが2年で変わることが分かっている時にも、賃貸マンションを引越しして対応するよりも家具家電の不要なマンスリーマンションを利用した方がトータルコストが安くなる場合があります。

monthlystay2