ワンルームをウィークリーとして運用:まとめyubisashiS[1]

  • 収益マンションをバリューアップ
  • マンスリー運用で空室をなくし利回りアップ

投資用マンションの空室をマンスリーで運営→満室状態でバリューアップ

投資用マンションを購入したり、売却したりする際、一番の基準となる金額。これは、マンションの立地や築年数にも大きく影響するが、購入側はその時のレントロールもかなり気になる。やはり満室状態で利回りが読める物件のほうが人気がある。駅から少し遠い、古い、などで空室が目立つ物件はどうしても売却の査定で値段がつきにくい事があるが購入する投資家からすると満室状態であればそれをカバーする条件になりうるケースもある。
case8 (6) case8 (7) case8 (8) case8 (9) case8 (10)  case8 (12)

AFTER

空いている部屋に20万以下の費用で家具家電をそろえ、短期ニーズようのウィークリーマンション、マンスリーマンションとして運用することで、満室賃料が空室がまばらにある状態よりアップし、表面利回りも改善することができます。

ただし、同じマンションで3部屋以上をマンスリーマンションとして運営してしまうと、立地等により集客が難しくなるケースもあるので、あまりたくさんの空室をマンスリー運営による家賃補てんに関げえ過ぎない方がいいのも現実です。もちろん、投資した家具費用等も回収してから売却したいとも考えるでしょうし、ある程度マンスリーマンションとしての集客が安定しなければ物件の資産価値自体は改善されないので運用後3か月以上は実績をみたほうがよいといえます。平均滞在日数うが30日から40日のウィークリーマンション、マンスリーマンションニーズの特性をじっくり吟味する必要がありますね。地方自治体にもよりますがエーアビーアンドビー Airbで収益アップも手段のひとつです。

case8 (3)case8 (4)case8 (5)