契約方法:まとめyubisashiS[1]

  • 面会せずに書面郵送や電話のみ契約できる
  • メールかFAXは必須

ウィークリーマンションの契約方法

ネットで検索

電話あるいはメールで運営会社に問い合わせ

見積もり(PDFでのメール添付など)

申込(メールあるいはFAX)

契約(場合によっては審査や保証人連絡あり)

入金(入金後鍵の受け渡しや入室方法を教えてもらえます)

入居

flow

ネットで検索

まずはウィークリーマンション、マンスリーマンションをインターネットで探すところからスタート。土地勘がなくても大体の駅や住所と予算で目的となる物件かエリアを決めましょう
基本は場所と値段が条件の必須項目になるとは思いますが、専門業者の物件サイトとマンスリーマンションのポータルサイト(SUUMOやホームズみたいなもの)があるので掲載されている内容の
重複はあるものの、一つのサイトだけを見て物件を選ばない方がより、お得な物件に出会えるかもしれません。

電話あるいはメールで運営会社に問い合わせ

不動産会社に電話するのってドキドキするかもしれませんが、今ではほとんどが女性オペレーターが親切丁寧に対応してくれるので気軽に電話してみましょう。物件の空き状況はリアルタイムに変わるのであまり迷っていると、いいなぁと思っていた物件が他の人にとられてなくなっているなんてことも多々あります。電話番号を不動産屋さんに教えると何度も電話してこられるイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、断る際は「他の会社のマンションで決めました」といえばたいてい話はそこで終わります。メールであれば自分の希望を伝えにくい(入力フォームが限られているので)ことも多いので是非電話して希望内容を詳しく伝えてみましょう。

見積もり

希望条件や物件、期間を伝えると比較的すぐに見積もりが出ます。電話であればその通話中に金額を教えてもらう事もできます。ほとんどのウィークリーマンション業者は管理システムを導入していうるので希望を伝えると瞬時に金額が分かります。法人契約の場合は稟議や決済用に見積もり等が必要になると思いますのでメールやFAXで見積もりをもらいましょう。

申込(メールあるいはFAX)

マンスリーマンションの予約は口頭ではできないので、希望物件、期間、金額等が記載された申込用紙にあなたの情報を書き込んで運営会社に送りましょう。ここまでの取引もほとんどメールと電話FAXだけで行われる為、マンスリーマンション利用時にお店に行って担当者に案内してもらって(内見)というような事は行いません。マンスリー物件は基本内見案内を行わないのでインターネットにアップされえている写真などを参考によく考えましょう(ホテルに泊まる前に下見しないのと同じ感覚です)

契約(場合によっては審査や保証人連絡あり)

契約手続きには印鑑の押印等が必要になる為ここに関しては郵送で手続きすることが多くなります。マンスリーマンションは基本入居前の先払いなので契約手続きと同時に入居の案内をしてもらえるケースもあります。今日すぐに入居したいという場合でも対応できる運営会社もあるので問い合わせ時に相談してみてください。

入金

基本は銀行振込やコンビニ支払い等ネットショッピングと同じような決済手段があります。クレジットカード決済もでき、大金をお店に持っていかなくていいので、契約手続きとは違い入金に関しては手段が選べるのは魅力です。法人契約の場合はほとんどが振込になります。

入居

入金手続きがおわったらお部屋の鍵の引き渡し指示や入室方法について運営会社から説明があります。ここまで来たら基本退去時に鍵の返却方法を確認するだけなので入居中に何か問題がない限りは運営会社の担当者と連絡をとることもありません。