マンションオーナー様向け空室対策のひとつとして

所有しているマンションで通常の賃貸募集以外に何か収益を上げる方法はないだろうか?あるいは空室で困っていてなんとか入居者を増やす事ができないだろうか?家主さんであれば誰もが思う(というより毎日考えている)事だと思います。ここでは、ウィークリーマンション、マンスリーマンションという市場の違う分野で利用者を募集する事で今までアプローチできていなかったニーズへ所有されている物件を提供する方法を説明します。

shouhisha_komatta2S

例)6万円で募集しているワンルームマンションが埋まらない

数万円から何十万円か投資しても6万円の家賃をあげることは難しく、維持するのがやっとといったケースも多いです。もしくは投資をせずに家賃そのものを下げたとしても5000円前後のダウンを検討されるのが一般的だと思います。

 

ペット可にしてみたり、敷金0円、礼金0円をうたってみたり、業者さんに払う手数料を・・・
空室損だけでなく、募集や改修の際にも費用がかかり物件そのものの投資利回りを考えると建築時、購入時に思っていた数値とは離れてしまっているかもしれません。

首都圏では家賃がもう少し高く設定されていますが、都市部の平均を例にあげて説明します。
6万円の部屋が決まらない場合、よくやる手段は
・リフォーム、リノベーション等で部屋の価値を上げる
・ウォシュレット設置
・モニタ付きインターフォン
・宅配ボックス
・無料高速インターネット
など様々な手段で投資を行い、マンションそのものの価値を上げて入居者の注意を引こうとすることがあげられます。もちろんこれらは賃貸マンション経営を行う上でとっても大事なことです。近くに新築マンションができてしまったりしたら賃料以外にもいろんな差をつけれられてしまうので物件の価値を上げるという点では有用な投資だと言えます。
ウィークリーマンション、マンスリーマンションのような短期ニーズがターゲットではないケースであっても家具付きとして少し言い家具を部屋に入れて案内(内見)時のモデルルームにしてそのまま貸し出したりする場合もあります。

しかしいくら物件設備に投資をしても家具を入れても、そもそも取り合うパイが同じであれば競争は厳しくなっていくだけです。同じ賃貸マンションからお客さん(入居者)の取り合いをするならば、ビジネスホテルの利用者を引き込もうという発想です。