ウィークリーマンション割引:まとめyubisashiS[1]

  • 滞在期間が長いほどお得
  • 予約の隙間を狙って激安利用が可能

長ければ長いほど料金が安くなる。スポット入居は激安になる!

ウィークリーマンション業界の常識になりつつあるのがキャンペーンという考え方。その名の通り特権があります。その特権とは単純に値下げ。ウィークリーマンションはホテル程ではありませんが何人ものお客様の順番に埋めていくパズルのような商売モデルです。よって埋まりにくい隙間があいてしまった場合、値下げをする傾向が多いのです。短期利用でも値下げ、長期利用前予約でも値下げ。ウィークリーマンションは値下げの種類が多岐にわたりややこしく感じられるかもしませんが、値段重視で滞在先をお探しの場合は少し目的地から距離があっても入居者の入退去の隙間が出来てしまったお部屋はかなりお得に借りることができます。
例えば1日4000円が定価の部屋でも期間限定値下げと題して半額以下になるケースも多々あります。この場合単純計算で2週間利用しても約3万円お得になります。また長期契約の場合には長期割引が適用され1日3400円で利用出来たりもします。安い物件、格安激安を狙うならこのウィークリーマンションの商売上に生じる隙間を狙った割引をお見逃しなく。
discount1
よく物件を利用される方は同じ2ヵ月の滞在であっても半額割引の聞いている物件を渡り歩いて総額を抑えるなんてケースもあります。場所をそれほど重要視せず、少しの移動時間が気にならないのであればウィークリーマンションを移動しながら目的期間滞在するというのもコスト削減の方法ですね。

ウィークリーマンションの料金、費用の考え方

tetyouS[1]基本的な計算は利用日数×単価になります。運営会社によって設定ルールは違いますが、1ヵ月、3か月、6か月、1年、2年を一つの基準として料金が設定されています。
利用日数が長ければ長い方料金は安くなります。逆に利用期間が長いほど退去時のクリーニング(費用発生するのは入居時のみ)費用が高くなりますが、これについては長期間部屋を利用すると汚れも頑固になるので清掃費用(実際はスタッフの掃除時間)がかかってしまうためです。長期になって金額下がる事は利用者からとっても魅力ではありますが、長期利用が不確定な場合もビジネスでは多く、1ヵ月ごとに契約を延長する、更新し直す形をとる法人も多くなります。長期間の費用をある程度前払いして後日利用が無くなった場合等のリスクヘッジも必要ですね。運営会社との契約や覚書によりこのウィークリーマンション長期予約時の事前キャンセルや利用中の更新キャンセルが出て場合にでも柔軟に対応する仕組みも増えてきています。ショート、ミドルなどをローマ字でSとかMと表記しているサイトも多いですが、約10年前から全国的に広がったウィークリーマンション業界の日数の考え方はおおむね共通の考え方で動いています。

<<A社>>
・ウィークリー    :(30日未満)
・マンスリーショート :(30日以上90日未満)
・マンスリーミドル  :(90日以上180日未満)
・マンスリーロング  :(180日以上)
・スーパーロング   :(24ヶ月以上)
<<B社>>
・スーパーショート  :7泊以上1ヶ月未満
・ショート      :1ヶ月以上3ヶ月未満
・ミドル       :3ヶ月以上7ヶ月未満
・ロング       :7ヶ月以上12ヶ月未満