注意点:まとめyubisashiS[1]

  • 入居前の審査や保証人連絡がある
  • 法人の社員通しでの入居者入替ができる

マンスリーマンションを契約するときの注意点

個人契約と法人契約で契約する際の書面や初期費用が変わってきます。やはり1ヵ月10万円前後の大金が動くのでそれなりの信用ありきの取引にはなるということですね。個人契約の場合であってもクレジットカード決済や前払い一括等によりスムーズに契約がすすむケースがありますが、きっちりしている運営会社さんでは入居審査があったり、保証人さんに電話連絡をしてあなたがウィークリーマンションを利用する事を了承しているかを確かめたりします。入居審査といっても不動産関連業者がカード会社系の審査をするくらいで細かく調べる事はありません。
juntyouS[1]法人契約の場合、会社の人事や総務の担当者が契約処理を行い経理が決済するというのが基本です。入居者である社員さんはおそらく鍵や物件に関する情報を最後に担当者からもらって滞在先にでかけるようなケースもありますが会社によっては入居する社員自らがすべて契約等を行い、契約書等の捺印や振込のみを本社機能に依頼するケースもあります。

ウィークリーマンションの入居者が注意すること。契約が個人の場合、入居できるのが契約者本人のみなのか、それ以外も入居可能なのかを確認しておく必要があります。母親が契約して息子が入居する等の場合、契約者欄と入居者欄にきっちりと違う名前を明記する必要がありますが、入居者が未成年の場合、制限がかかることもあるので契約前に確認しましょう。また法人契約であっても入居者すなわち社員が自由に入れ替わる事は基本的にはできない。
同じ社員どうしであっても入居者を入れ替える際は運営会社に連絡を入れるルールになっている。かといっても運営会社も実際に誰が泊っているかの確認は取れない。マンション内で何かあった際に対応窓口で入居者の方が契約時の名前と違うと対応してもらえないケースがあります。マンションの室内で起こる事故等に関しての保険関係でも入居されている方が不明確な場合問題になることが多いので、法人契約窓口の担当者の方は誰が使っているかを運営会社と共有しておくことをおすすめします。外国人の場合であっても例外ではありません。日本語の話せる保証人さんあるいは連絡先があれば外国人(ネイティブ、日本語不可)が一人でもウィークリーマンションに入居出来るケースはありますが、ホテル等とちがって室内に置かれているパンフレットや説明書等まだまだ英語表記がすすんでいないので、外国人の入居者にとっては不便な点が多いのも事実です。