keitai3Sウィークリーマンションメリット:まとめ

  • 通常の賃貸より契約、支払が簡単
  • 電気ガス等の手続き不要

通常の部屋を借りるより簡単に契約ができる

advantage1

最短で当日から入居できるのがウィークリーマンションの魅力、急な滞在ニーズにも対応できます。基本的にインターネットで空室を検索し運営会社に電話するとその場で予約をしてくれます。簡単な審査や保証人の確認や連絡等が必要なケースもありますが、ウィークリーマンションの場合前払い一括清算の会社が多いので例えば2週間だと約6万円から8万円(都心部)を利用したい当日に現金振込をするかあるいは店舗にお金を持参してその場で支払うか、またコンビニ決済やクレジットカード決済などもあります。ビジネスホテルに10日ほど泊るだけでも同じくらいの費用がかかることを考えると、ウィークリー(ここでは2週間=14日間)利用して簡単な書類のやり取りとその日の決済で当日利用できるのは契約が簡単な部類に入りますね(一応不動産の賃貸に関する契約なので)ちなにみ、一般的な賃貸マンションを契約して入居を最短でスタートしたとしても1週間はかかると思います。不動産の契約はもちろん、お金の支払い(こちらは何10万と言う単位になります)電気ガス水道などのライフラインの開線、家具の購入、搬入なんてやってると1週間でもかなりタイトなスケジュールになると思います。かつ契約もマンション以外にもいろいろしなくてはいけないので面倒です。例えば火災保険等。

電気ガス水道の手続きがいらない

advantage2

契約部分でも少しふれましたが、電気、ガス、水道の手続きは既に運営業者が行っているので必要ありません。ほとんどのウィークリーマンションが「光熱費」という名目で1日いくらか(おそらく500円前後でしょうか)費用がかかってきますが、一人暮らしの単身マンション(ワンルームマンション)で無駄づかいなく普通に電気や水道を利用すると
電気代 約3000円(エアコンを使う月はもう少しUPします)
ガス代 約3000円(シャワーのみ利用を想定。冬にお風呂のお湯を張るとUPします)
水道代 約2000円(普通に使ってる限りこれくらいです)
で1ヵ月8000円前後光熱費がかかるのでウィークリーマンションであれば少し割高に感じるかもしれません。運営会社の立場で行くと人によって使い方が様々であることまた部屋が空室の状態でも一定以上の待機電力で電気代がかかること等も含めてすこし高めに設定している会社が多いと思います。だからといって、夏場エアコンをつけっぱなしで外出するとうで光熱費が多くかかった場合、別途請求がくることがあるのでお気をつけください(契約書や申込書に書かれているので注意してご一読くだいね)